開店時の宣伝広告

 

【開業時の宣伝】

 

開店時の宣伝はとても重要です。

しかし、方法によっては全く効果なし・・・

なんてこともあります。

大事なのは、自分の店の立地条件から、ターゲットを絞ること。

【解りやすい例でいうなら】

もしも、あなたがオフィス街で商売をしていたとしましょう。

ターゲットはその地域で働くOLやサラリーマンになるでしょう。

そのOLやサラリーマンに向けて、新聞折り込みで宣伝をしたならどうでしょう。

新聞折り込みは地域が絞られますから、住宅街で主婦をターゲットにした場合は効果的かも知れませんが、

オフィス街では、目にとまる確率も少ないわけです。

オフィス街ではサービス券持参の営業が効果的であります。

まずは、ランチタイムに営業をかけます。

次にランチに来て頂いたお客様にディナータイムの営業をかけるのです。

店に入ったお客様にディナータイムのウェルカムシャンパン1杯サービスなどのチケットを配るのも良いでしょう。

テーブルにディナータイムのメニューのリーフレットを配置するのも良いでしょう。

一度、来店されたお客様は、お店に対する警戒心もなくなってますので

あとはディナータイムの宣伝です。

売り上げUPに繋げるには、やはりドリンクが一番効果を出しやすいですからね。

『パスタもう一皿だけいっちゃおうかな~?』

にはなりませんが、

ドリンクでしたら

『もう一杯ずつ飲んでいこうか』

って、なりやすいですよね。

いかに夜のお客様を掴むかで、売り上げは変わります。

 

 

【宣伝活動は継続に行います】

 

飲食店ビジネスは、一度来店して頂いたらそれでいいというビジネスではないからです。

新規顧客を獲得し、次回の来店に繋げます。

常連客になっていただき、また新しいお客様を呼んでいただくのです。

常連客と言われて嫌な顔をするお客様は居ないに等しいと思います。

2度目来店された時に『前回の○○はお口に合いましたでしょうか?』などとお伺いするのも良いでしょう。

お客様としては『あっ、覚えていてくれたんだ』と嬉しく思うものです。

人にとって特別感は、とても嬉しいものです。

 

新規顧客を常連客に育てるためには、まずは来店して頂くこと。

来店して頂いたら、充分に満足していただくこと。

 

 

新規顧客が100%、常連客になるとは限りません。

ですから宣伝活動は継続していかなければならないのです。

 

『待つ営業』ではなく『勝ち取る営業』

今や、飲食店も『待つ営業』ではなく『勝ち取る営業』なのです。

The following two tabs change content below.
中込 絵麻

中込 絵麻

調理師
1975年生まれ 東京都世田谷区出身 子供の頃から、飲食店の経営者であった父に憧れ、高校卒業と同時に調理師免許を取得するが、もうひとつの捨てられなかった夢「建築士」を目指し建築学科へと進学。 卒業後は内装設計会社へ就職し、設計~施工管理を担当する。 飲食店、病院、エステティックサロン、オフィス、住宅等を手掛ける。 手掛けた店舗の中には十数年経つ現在も売上をのばし続け繁盛店もあれば、オープンして数年後店舗の前を通ったら違う店舗になっていたという悲しい経験もあります。 夢を形にする幸せをお客様と共感したい。その幸せの形を継続させたい。 そんな強い思いの中、数々の経営者をサポートしてきた会計のプロである当事務所の代表税理士である中野克美と出会いなにか飲食店の皆様のお手伝いが出来ないだろうかと、このプロジェクトを立ち上げました。
中込 絵麻

最新記事 by 中込 絵麻 (全て見る)

関連記事

  1. 人間の五感による知識の割合をご存知ですか?

  2. 飲食店を開業したい!~開業までの流れとは?~保健所編

  3. FLコストの話

  4. フロアマネジメントの役割

  5. 〜飲食店を開業したい〜コンセプト設計

  6. 原価率を考えよう